「財源は税金」の分かりやすさ が一目でわかる表

「財源は税金」は本質からみて誤った理解ですが、その分かりやすさが一目でわかる表を作成してみました。

 

 

ご覧の通り、財源が税金の場合、政府支出の制限は「税収」となり、対応しています。

 

 

一方、他の言い回しは如何でしょうか?

いわゆる財政リフレやMMTerの方の一般的な説明をもとにし、対応関係を作成してみました。

(真偽はともかくとして)財源と制限が一致しておりません。

 

そこで、財源チラシでは、財源と制限を一致させ、「税金は財源」のように分かりやすい説明としています。詳しくはこちら

 

だからといって、『財源は供給能力』が最も優れていると言うつもりはありません。

いい世の中にしていくために、相手の考えにも合わせた説明をして頂けること願っておりますm(_ _)m

 

「税が財源」から『供給能力が財源』へと考えるのでは何が変わってくるのか?

 

「税金は財源じゃない」の3種類の説明の仕方について

 

政策議論のために頭に入れておきたい!! お金の根源的な性質