ヤンキーが金融政策を解説してくれる漫画チラシ

ヤンキーの経世済民の漫画を描いているmihana様に依頼して、金融政策についての解説チラシを作って頂きました!

 

ヤンキーが金融政策を解説してくれる漫画チラシ
~日本で利上げすると住宅ローンの金利もあがってまうで?!

  • 表面

  • 裏面

印刷会社への印刷用PDFファイル(表面) (裏面) :個別発注マニュアル 家庭用印刷用PDFファイル

 

【関連記事】

『MMT現代貨幣理論入門』解説〈xbブログ〉

【国の、本当の】財源チラシ説明

ヤンキーの経世済民マンガ

 

 

日銀への:企業部門のフローとストックの関連性に関する質問と回答

企業部門のフロー(資金過不足)とストック(金融資産・負債差額)の説明に分からないことがあり、日銀(日本銀行)へ質問を行いました。今後の参考にして頂けると幸いです。

 

(質問)

お世話になっております。

【国の、本当の】財源チラシを作成し広めている財源研究室の○○と申します。

チラシには、統計資料をもとにしたグラフも使用しており、平素は大変お世話になり感謝申し上げます。

グラフを作成していて疑問に思ったことがありますので質問いたします。

添付した資料は、統計資料をもとにした資金過不足と金融資産・負債差額 の推移のグラフです。

企業部門(非金融法人)は

資金過不足のフローでみると、1998年以降は常に黒字(資金余剰)で推移しています。

・・・ということは、金融資産・負債差額の企業部門のストックは1998年以降は常に

右肩上がりで推移するはずです。

しかし、実際の金融資産・負債差額のグラフではそうはなっておらず、上がったり下がったりを繰り返しております。

 

これはどういうことなのでしょうか?

(回答)

いつもお世話になっております。

ご照会の件につきましてご回答申し上げます。

 

資金過不足(フロー)は、ある期間の資金の運用と調達の差を計上している一方、

金融資産・負債残高の差額(ストック)は、ある時点の金融資産・負債を時価ベースで

計上しております。すなわち、ストックは、フローの取引の累積になりますが、

資金循環統計では、期末時点での残高を原則として時価評価したうえで記録しております。

このため、資金過不足(フロー)と金融資産・負債残高の差額(ストック)から生じる

乖離には、価格変化などによって生じたある期間の金融資産の保有損益などが含まれます。

 

日本銀行調査統計局経済統計課金融統計グループ

 

(質問)

平素は大変ご多忙の中、ご返信ありがとうございます。

お手数をおかけし大変恐縮なのですが、最新となる2020年度のデータでは企業部門のフローとストックの剥離が目立ちます。

グラフの意味することを財源研究室でも質問されることがあるかもしれませんので、もう少しご教授ください。

 

>乖離には、価格変化などによって生じたある期間の金融資産の保有損益などが含まれます。

 

つまりは、

実際は企業は1997年以降黒字ですが、時価評価されたストックは低く見積もられているときがあるために、

企業のフローが黒字なのに関わらずストックは一方的な右肩あがりにならないという解釈 で合っておりますか?

 

更にざっくりとかみ砕くと

1997年以降、企業のストック(時価評価額)が低く見積もられているときがあるのは、

日本経済が低迷しており、その低迷によるマイナス評価を企業(の保有資産)が強く受けているため

という解釈であっておりますでしょうか?

 

(回答)

先日ご回答申し上げました通り、ストックは、時価評価された計数

ですので、たとえば、2020年度で生じている乖離には、株価の上昇

による影響が含まれています。

時系列でご利用される際は、ストックには、時価評価による影響のほか、

時期によっては、制度変更等に伴う段差も含まれる点、ご留意しながら

ご利用ください。

 

なお、現行の資金循環統計(2008SNAベース)は、2004年度以降となり、

2003年度以前は、93SNAベースとなりますので、時系列でご利用の際は

定義等の違いにご留意し利用してください。

 

2008SNAの見直しの概要については、下記をご参照ください。

https://www.boj.or.jp/research/brp/ron_2016/ron160301a.htm/

 

また、当グループは、統計作成部署であり、分析は行っていないため、

統計の解釈については、ご回答できない点、ご理解いただけますと

幸いです。

 

調査統計局経済統計課金融統計グループ

 

(質問)

お世話になっております。丁寧なご回答ありがとうございます。

お立場理解しました。

最後に、もう一つだけ教えて欲しいことがあります。

 

>たとえば、2020年度で生じている乖離には、株価の上昇

による影響が含まれています。

 

とのことですが、添付ファイルのグラフの通り

2020年度の企業部門のフローは黒字なのですが、

ストックは2019年度よりも減少しております。

 

株価上昇では企業部門のストックはプラス側に働くと思いますが、

プラス分の株価上昇を打ち消すほどのマイナス分というのは、

どのようなものがあるのでしょうか?

 

(回答)

2020年度に、ストックの資産・負債差額(資産-負債)のマイナス幅が

前年から拡大していますのは、株価上昇の側面からみますと、法人の負債側

に計上される株式残高が資産側よりも大きいことから、株価の変動に伴う

負債の増加幅が資産側よりも大きいことによるものと考えられます。

 

調査統計局経済統計課金融統計グループ

 

やり取りを通じて分かったこと
  1. 資金過不足(フロー)は実際のお金のやり取り
  2. 金融資産・負債残高の差額(ストック)は時価ベースで評価
  3. 資金過不足(フロー)と金融資産・負債残高の差額(ストック)の剥離:ストックを時価で見積もっているために、価格変化などによって生じたある期間の金融資産の保有損益などが含まれる
  4. 株価上昇は企業の純負債(時価)の拡大要因となる

 

丁寧に回答して頂いた日本銀行の調査統計局経済統計課金融統計グループの皆様に、この場をお借りして感謝しますm(_ _)m

中央銀行は金利調節のために国債の引き受けを行っています

日本銀行をはじめとする各国の中央銀行は、金利調節をして、景気をコントロールしようとしています。

金利調節に使われるのが、(自国通貨建ての)国債です。

この記事では、「中央銀行は金利調節のために国債の引き受けを行っています」を解説します。

 

1. 民間銀行は国債を保有したい

自国通貨建ての国債は、自国で作られる通貨(日本の場合は日本円)をもとにしているため、財政破綻は起こらず、極めて安定な金融資産として機能します。

国債発行に否定的な考えの執筆陣で書かれた「国債の全て」(三菱東京UFJ銀行円貨資金証券部著)には、民間銀行の立場から次のように記載されています。

銀行は、-中略-総合的な資産・負債管理のもとで、金利リスクや流動性リスクのコントロール手段として国債投資を行っている。

-中略-

多くの銀行では、預超部分に対応する資金運用の大半を国債に投資しているのが実情である。その理由は、国債が信用度・流動性ともに高く、預超部分の見合い運用として適していること-以下略

国債の全て 第6章 銀行ALMにおける国債投資とリスク管理 2 銀行におけるALM運営体制 p355

“国債は信用されているから民間銀行で多く所有されている”と、国債発行を否定的に記載したい思惑の入っている「国債の全て」でも認めざるをえない状況です。

私たち家計・企業の銀行預金は民間銀行側からみると借金であり、課された借金以上の利益をあげる必要性が生じます。

課された借金以上の利益をあげる必要性がある中で、貸し倒れリスクの高い住宅ローンや株にて運営し、利益を狙うことは危険なギャンブルと同じです。

ギャンブルは数回だけなら成功するかもしれませんが、ギャンブルをもとに銀行を継続的に運営することは不可能です。

利回りが低いが破綻の心配がなく堅実に利益を上げられる国債を主力にした方が、安定した銀行サービスを提供していくことが可能となります。

 

2. 国債の金利が他の債権の金利の基準に

民間銀行は国債金利を基準(最低金利)として、貸し倒れリスクの高い他の債権の金利を上乗せして考えていきます。

  • *ただし、民間銀行の想定する本当の最低基準はインフレ率です。金利とインフレ率の関係は今後の記事で説明します。

例えば、(インフレ率の予想 0~0.5%)、国債の金利が1%だったら、ドコモ社の社債は2%、住宅ローンの金利は4%という風にです。

国債の金利を0.5%とすると、ドコモ社の社債は1%、住宅ローンの金利は2%というように減って、お金を借りやすく出来ますし、

国債の金利を2%とすると、ドコモ社の社債は4%、住宅ローンの金利は6%というように増え、お金を借りにくくし景気の過熱を防ぐことも可能です。

このようにして国債の金利を調整して、中央銀行は景気をコントロールしようとしています。

 

3. 金利調節は国債の引き受けにより実施

具体的な金利調節は、国債を引き受け、その分、資金(お金の一種である日銀当座預金)を民間銀行に渡すことにより行っています。*逆に金利を上げたい場合は、国債を売り払い民間銀行の資金を回収する。

例えば、99万円の国債を1年満期でもつと、100万円になって戻ってくるとします。すると、ざっくり国債の金利1%となります。この状態で中央銀行が国債の金利を1%のままにしたいとします。

お金を作れる中央銀行は、国債が市場から尽きるまで無制限に99万円で国債を買い取り、金利1%のままに保つことが可能です。

民間銀行M:「ヤバイ!!国債価格が暴落するかも!! 満期まで国債を持っていたくない~! 99万円で買った国債を90万円でもいいから売り払いたい」

日本銀行(日銀):「・・・じゃあ、99万円で買い取りますよ!!」

民間銀行M:「え?いいの?やった~♪」

  • *民間銀行Mは気が変われば、得た資金を使ってまた国債を買うことも可能です。

このようにして、日本銀行を含む中央銀行は金利調節のために、国債を引き取っています。

  • 実際には、中央銀行が99万円で国債を買い取って貰えるということが分かっているため、中央銀行が介入しなくても99万円~満期の価格である100万円の間-99万円少し上の価格域-で市場での取引が行われます。

 

最後に. 国債の引き受けは中央銀行の業務の一環

中央銀行は、国内経済の安定という職務上、結果的に国債の暴落を防ぐ役割を果たしています。

中央銀行の国債の引き取りは業務遂行の一環です。業務遂行に口出しすることは中央銀行の独立性を妨げます。

自国通貨建ての国債は最終的には中央銀行によって保証されています。

保証されている以上、財務省HPに記載の通り、
「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられません」。

 

 

更に詳しい説明⇒ 4-6.財政赤字と国債金利 その3(日銀の国債金利操作) (xbtomoki氏)

財源チラシ補足説明⇒ ○政府のお金はどこから借りているのか?

ヤンキーが金融政策を解説してくれる漫画チラシ

Money Creation(信用創造)補足 政府支出から国債発行までのプロセス

財源チラシ説明 ◎ 国の財源??お金は無から出来ている。のMoney Creation(信用創造)の補足として、
政府支出から国債発行までの詳しいプロセスを図に表します。

 

プロセス1 政府が政府支出の資金を調達

 

 

プロセス2 政府支出で家計・企業におカネが流れる

 

プロセス3 国債発行

プロセス4 政府が政府短期証券を償還

まとめると

日銀当座預金は日銀(もしくは公募元)へ、政府短期証券は政府へ返還され相殺

 

◎ 国の財源??お金は無から出来ている。 に戻る