青き石眼のアシュリー(発行:HS書架)冊子情報

『青き石眼のアシュリー』(著者:春紫苑様、イラスト:さかゐわたる様)をご紹介します。

  • アシュリーの本は、あだん堂ゆきさんが関わった作品であり、ももさんの運営店舗で販売しています。財研出版のイベント出店でも取り扱っています~!

 

。:*:★。:*:★━━━━━━━━━★:*:。★:*:。
・ライトノベル
・児童書
Amazon Kindle本二部門で、
無料ランキング1位獲得!
。:*:★。:*:★━━━━━━━━━★:*:。★:*:。

 

大人も楽しめる児童文学
HS書架、出版小説第一弾!

スチームパンク×狩猟生活
新感覚を味わえる架空ヴィクトリアン物語

孤独(ひとり)になった少女と
孤(ひと)りだった少年
二人の運命が交わるとき物語は動き出す

 

——————–
■あらすじ
——————–
蒸気(スチーム)が世に革命を起こして間もない頃。
不慮の事故で両親を亡くした少女ノエルは、遺産を狙う叔父に崖っぷちへと追い詰められていた。
(神様、どうか私をお守りください!)
一縷の望みに賭け、ぬいぐるみの友だちミミーをトランクに入れたノエルは、滝壺へと身を投じ――。
次の朝。鷹を「師匠」と呼び、森に一人暮らす少年アシュリーは、川辺に流れ着いた女性を見つける。 寒空の下で水に浸かった彼女の体は、氷のように冷たかった――。

ノエルの叔父たちが探す物語のキーアイテム、指輪紋章印(シグネットリング)はどこにあるのか。
また少年アシュリーが一人暮らす理由や秘密とは?

これは孤(ひと)りだった少年と、孤独(ひとり)になった少女が出会い、衝突と理解を繰り返しながら互いの運命を切り開く、ひと冬の物語。

 

——————–
■あらすじ(画像)
——————–

 

 

 

 

 

 

——————–
■作者より
——————–
本作の想定する推奨年齢は13歳以上です。大人も楽しめる児童文学に仕上げました。

 

——————–
■PV
——————–

 

——————–
■本書の特長
——————–

◯圧倒的クオリティ

 

◯美麗なイラスト掲載

 

 

◯読みやすさに配慮した本文

 

——————–
■特設サイト
——————–
https://hs-syoka.jp/ashley/

 

 


■Amazon

■公式BOOTHショップ

■公式BASE書店

■とらのあな(委託販売)

■メロンブックス(委託販売)

■コノス

■架空ストア

 

mihanaマンガ冊子を販売予定のイベント情報一覧【随時更新】

『青き石眼のアシュリー』読了感想キャンペーン#石眼読んだよ(シン)

ネコ化男子の非日常(発行:HS書架)冊子情報

 

HS書架公式サイト

https://hs-syoka.jp/

 

©春紫苑・さかゐわたる

category:U あだん堂 ,もも / tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です