01.お金はどこから借りているのか?

 

  • この説明は第2版までのチラシ説明です。第3版からの新たな説明はこちら

 

  • (狭い意味での)国債 償還期間:2年~40年
  • 国庫短期証券 国債全体の8.7%
    日本政府が一時的に生じる資金不足を補うために発行する国債。償還期間:2か月程度~1年

 

国債全体の保有者の割合

日本銀行 44.2%     *日本政府が55%の株を保有する事実上の政府の子会社、日銀
国内金融機関 34.3%
海外 12.9%
その他国内  8.6%

 

・国債の約半分は政府の子会社の日銀が保有している。

・海外の保有者は全体の1割程度。

・国債は全て日本円(自国通貨)建て。

(おまけ)  財務省HPより

日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。

 

 

  • 誰かの赤字は誰かの黒字、誰かの負債は誰かの資産

国内政府部門の収支+海外部門の収支+国内民間部門の収支=0

(引用元) 日本の資金過不足 

 

統合政府(政府+日銀)は赤字

海外も赤字  (=経常収支黒字)

民間(企業+家計)は黒字

 

 

家計純資産≒政府純債務+企業純債務+海外純債務

引用元:https://twitter.com/shavetail/status/1053116811049263110?s=20

 

まとめ

・誰かの赤字は誰かの黒字、誰かの負債は誰かの資産

・政府が赤字でも、民間は政府+海外の赤字分含めての黒字

・政府が負債を抱えていても、家計は政府+海外+企業の負債分の資産を持つ

「国の借金」の利息で海外が得る収入より多くのおカネを海外が国内の民間に支払うこととなっており

全て相殺して考えると、

◎「国の借金」は海外からではなく、民間から借りている。

 

家計で例えるとお父さんに借金があるが、貸しているのはお母さんや子供。
しかも、その一家はよその家にもおカネを貸しているお金持ち一家。

 

 

 

次の話題 02税金は財源じゃない。お金は何か?