配布提案)チラシの学校への配布

チラシの配布に関する提案です。参考に記事化し公開しています。
提案者:goldmokusei

 

財源研究室様が作られたチラシを見ていて、私が子どもの頃(20年ほど前)、学校で似たようなチラシや資料が配布されていたことを思い出しました。その内容は真逆で財政破綻論・PB・財源は税など誤った考え方を説明する内容でした。分かりやすい内容で子どもながらに納得してその時は信じ込んでしまっていました。なのでそれを逆手に取り子どもや若年層を啓発するため、学校教育分野にアプローチする戦略が必要ではないかと考えています。今後の案として、中学・高校などにチラシを送り配布してもらう案や社会科の教材として使ってもらえないかお願いする案などがいいのではないかと思います。学校で使用や配布をしてもらえばポスティングする手間が省けますし、次の点から考えても若年層をターゲットすることが効果的かと思います。
・若い世代ほど柔軟な考え方ができるが、近年のネオリベ自己責任風潮に毒されがち
・テレビ世論調査で若い世代ほど財政再建より経済対策を優先する結果に
・橋下氏の息子は意外にも積極財政の考え方をしている(橋本氏公開の録音)

調べてみると学校での配布は教育委員会の許可があれば可能そうです。また社会科教員の団体にチラシを送り知ってもらえば志のある教員の方も出てくるかもしれません。
もしご理解いただけましたら検討リスト等に載せていただき、他の方々にも考えていただくきっかけになればと思います。

他にも各学校に社会科担当教員様という宛名で、チラシを考えるきっかけや教材としてお使いくださいという送り状とチラシを数枚送付する案も考えました。社会科の先生なら賛否は別として少なからず関心を持ってもらえると思います。その中で考え方が変わる先生も出てくるかもしれません。大人の大多数は学校で先生から教えられた知識を信じています。先生が少しでも変わればその効果は長期的見て大きいと思います。

配布提案)チラシの学校への配布”のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。