経済用語集 し-09

「借金(しゃっきん)」とは、

「時間を買うこと(時間短縮)」である。

「消費性向(しょうひせいこう)」とは、

「あなたの所得(給料)から、どれくらい消費(モノやサービスを買うこと)に使われるのかを示した割合(%)」

「給料が多い人」ほど消費性向は「低く」なる。

逆に、

「給料が少ない人」ほど消費性向は「高く」なる。

 

「新自由主義(しんじゆうしゅぎ)」とは、

「政府の力を小さくして(政府による法律の縛りを緩めて)、民間企業の活動は自由にしよう」という「考え方(思想)」

よくTwitter上では、
「ネオリベラリズム(ネオリベ)」 「グローバリズム」
と言っている人が多いです。

「新自由主義(しんじゆうしゅぎ)」を広めた人が、

アメリカの経済学者 「ミルトン・フリードマン(1912〜2006)」です。