#消費税増税で社会保障は悪化します

ツィッターに載せた 消費税と社会保障の話を財源研究室 研究員のももさんが、イラスト化&動画化してくれましたので、ご紹介しますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラスト&動画作成(敬称略)

熊谷 もも

財源研究室 研究員

財源研究室 【おカネと暴力の歴史解説】分室担当

  • 元 高島市 市議

もも 公式ブログ

日銀への:企業部門のフローとストックの関連性に関する質問と回答

企業部門のフロー(資金過不足)とストック(金融資産・負債差額)の説明に分からないことがあり、日銀(日本銀行)へ質問を行いました。今後の参考にして頂けると幸いです。

 

(質問)

お世話になっております。

【国の、本当の】財源チラシを作成し広めている財源研究室の○○と申します。

チラシには、統計資料をもとにしたグラフも使用しており、平素は大変お世話になり感謝申し上げます。

グラフを作成していて疑問に思ったことがありますので質問いたします。

添付した資料は、統計資料をもとにした資金過不足と金融資産・負債差額 の推移のグラフです。

企業部門(非金融法人)は

資金過不足のフローでみると、1998年以降は常に黒字(資金余剰)で推移しています。

・・・ということは、金融資産・負債差額の企業部門のストックは1998年以降は常に

右肩上がりで推移するはずです。

しかし、実際の金融資産・負債差額のグラフではそうはなっておらず、上がったり下がったりを繰り返しております。

 

これはどういうことなのでしょうか?

(回答)

いつもお世話になっております。

ご照会の件につきましてご回答申し上げます。

 

資金過不足(フロー)は、ある期間の資金の運用と調達の差を計上している一方、

金融資産・負債残高の差額(ストック)は、ある時点の金融資産・負債を時価ベースで

計上しております。すなわち、ストックは、フローの取引の累積になりますが、

資金循環統計では、期末時点での残高を原則として時価評価したうえで記録しております。

このため、資金過不足(フロー)と金融資産・負債残高の差額(ストック)から生じる

乖離には、価格変化などによって生じたある期間の金融資産の保有損益などが含まれます。

 

日本銀行調査統計局経済統計課金融統計グループ

 

(質問)

平素は大変ご多忙の中、ご返信ありがとうございます。

お手数をおかけし大変恐縮なのですが、最新となる2020年度のデータでは企業部門のフローとストックの剥離が目立ちます。

グラフの意味することを財源研究室でも質問されることがあるかもしれませんので、もう少しご教授ください。

 

>乖離には、価格変化などによって生じたある期間の金融資産の保有損益などが含まれます。

 

つまりは、

実際は企業は1997年以降黒字ですが、時価評価されたストックは低く見積もられているときがあるために、

企業のフローが黒字なのに関わらずストックは一方的な右肩あがりにならないという解釈 で合っておりますか?

 

更にざっくりとかみ砕くと

1997年以降、企業のストック(時価評価額)が低く見積もられているときがあるのは、

日本経済が低迷しており、その低迷によるマイナス評価を企業(の保有資産)が強く受けているため

という解釈であっておりますでしょうか?

 

(回答)

先日ご回答申し上げました通り、ストックは、時価評価された計数

ですので、たとえば、2020年度で生じている乖離には、株価の上昇

による影響が含まれています。

時系列でご利用される際は、ストックには、時価評価による影響のほか、

時期によっては、制度変更等に伴う段差も含まれる点、ご留意しながら

ご利用ください。

 

なお、現行の資金循環統計(2008SNAベース)は、2004年度以降となり、

2003年度以前は、93SNAベースとなりますので、時系列でご利用の際は

定義等の違いにご留意し利用してください。

 

2008SNAの見直しの概要については、下記をご参照ください。

https://www.boj.or.jp/research/brp/ron_2016/ron160301a.htm/

 

また、当グループは、統計作成部署であり、分析は行っていないため、

統計の解釈については、ご回答できない点、ご理解いただけますと

幸いです。

 

調査統計局経済統計課金融統計グループ

 

(質問)

お世話になっております。丁寧なご回答ありがとうございます。

お立場理解しました。

最後に、もう一つだけ教えて欲しいことがあります。

 

>たとえば、2020年度で生じている乖離には、株価の上昇

による影響が含まれています。

 

とのことですが、添付ファイルのグラフの通り

2020年度の企業部門のフローは黒字なのですが、

ストックは2019年度よりも減少しております。

 

株価上昇では企業部門のストックはプラス側に働くと思いますが、

プラス分の株価上昇を打ち消すほどのマイナス分というのは、

どのようなものがあるのでしょうか?

 

(回答)

2020年度に、ストックの資産・負債差額(資産-負債)のマイナス幅が

前年から拡大していますのは、株価上昇の側面からみますと、法人の負債側

に計上される株式残高が資産側よりも大きいことから、株価の変動に伴う

負債の増加幅が資産側よりも大きいことによるものと考えられます。

 

調査統計局経済統計課金融統計グループ

 

やり取りを通じて分かったこと
  1. 資金過不足(フロー)は実際のお金のやり取り
  2. 金融資産・負債残高の差額(ストック)は時価ベースで評価
  3. 資金過不足(フロー)と金融資産・負債残高の差額(ストック)の剥離:ストックを時価で見積もっているために、価格変化などによって生じたある期間の金融資産の保有損益などが含まれる
  4. 株価上昇は企業の純負債(時価)の拡大要因となる

 

丁寧に回答して頂いた日本銀行の調査統計局経済統計課金融統計グループの皆様に、この場をお借りして感謝しますm(_ _)m

井上流「税金は財源じゃない」漫画チラシ

キミのお金はどこに消えるのか”でお馴染みの井上純一さんに漫画のチラシを用意して頂きました。

井上さん流の「税金は財源じゃない」説明の漫画のチラシです!

井上流「税金は財源じゃない」漫画チラシ 試作版

本チラシは参院選前に急いで作成してくれた試作版です。

参院選後に、お金=税金クーポン の説明の「税金は財源じゃない」漫画チラシを出す予定です。

 

チラシはDLして印刷会社へ個別発注可能です。

印刷用ファイル リンク

 

  • 試作版は、財源研究室として取扱いの権限を放棄しております。井上さんがOKならば、配布協力等の表記変更等のアレンジ可能です。お考えに合わせて、広くお使い頂ければ幸いです。

力合わせ より正しい方向に近づくための学術者・表現者・政治者そして翻訳者の理解

  • 学術者・表現者・政治者そして翻訳者は、全て 説明のための造語かつ定義です。
  • この役割の分類分けは、それぞれの立場の個人・団体がどのような目的や制約のもと、それぞれの取り組みをしているかの相互理解のために書いています。
  • 勿論、雑な分類分けです。複数の役割や中間的な役割をこなしている個人・団体も存在します。力合わせ より正しい方向に近づくために参考として読んで頂けるだけでも有難いですm(_ _)m
  • 国の財政問題に関する話題を理解するための参考資料です。

 

 

+αとして、翻訳者という役割も存在します。

学術者、表現者、政治者の取り組みを忠実に転写し、別の形でも伝えられるような役割をします。

例として、翻訳家、記者、出版社、行政官などが存在します。

 

これらの役割を より具体的な例に出して説明します。

  • 繰り返しますが、他の役割をしている個人や団体の理解を深めて頂きたく説明していますm(_ _)m

 

例1. 表現者

チラシ制作での財源研究室は、表現者の位置にいます。

より正しい事実をどのような表現で説明するかに頭を悩ませています。

正しいことが理解できたとしても、分かりやすい表現が見いだせなければ、表現者として伝えることはできません。

大なり小なり同様の葛藤の中、表現者として取り組んでいるなと感じるのは、例えば、井上純一さんやTOMOYAさんがおります。

 

正しいことと分かりやすさのバランスをとるのも大変難しいことです。

チラシ、漫画、twitterとそれぞれの限られた枠で分かりやすく より正しく説明するために、独自の表現を生み出しても説明しようとします。

財源研究室として、より分かりやすく短くするためには、より正しい事実に近づいていかなければならないと考えて取り組んではいますが、そうであっても学術者に近い方からは受け入れがたい存在と捉えられると考えます。
(学術者が真実の探求者である以上、仕方のないことだと捉えています)

 

例2. 学術者

 

純粋な学術者は例えば、MMTerのL・ランダル・レイ氏が挙げられると思いますが、他に純粋な学術者で一般に知られている方は少数なのでは?と思います。

ステファニー・ケルトン教授のように政治色の強い表現者の役割も果たしたり、日本国内のMMTerのように翻訳者の役割も果たしたりしています。

 

例3. 翻訳者

 

  • +α)翻訳者
  • 学術者、表現者、政治者の取り組みを忠実に転写し、別の形でも伝えられるようにする
  • 例として、翻訳家、記者、出版社、行政官など

 

チラシや漫画だからといって、全て表現者としての役割を果たそうとするとは限りません。

学術者や表現者の説明を忠実に別の形で再現しようとする翻訳者も存在します。

  • *やり方の問題であり、それがいいとか悪いとかの話ではないことはご留意ください

例えであげると、

私立Z学園の憂鬱』の消費増税反対botちゃん や『消費税チラシ』のとらたぬこさん、そして 『中村かずひろの財源講座』の蒲田鉄弥さんが挙げられます。

説明を転写した上で、ストーリーやデザインを肉付けするやり方です。

独自色はストーリーやデザインに限られますので、もとになった説明の学術者や表現者の方は利用しやすいかと思います。(財源チラシをもとにした『中村かずひろの財源講』の蒲田鉄弥さんにはお世話になっております)

 

また、財源研究室がチラシ制作を担当せず、配布元としてのみ担当する場合は、それは翻訳者として振る舞い、内容を忠実に伝わるように配送窓口を担当します。(財源研究室とはいえ、いつでも独自色を出す訳ではありません)

 

例4. より学術者に近い表現者

最後に、財源研究室よりも学術者に近い表現者を紹介します。

Blogやtwitterで活躍されている方が多いです。

例を挙げると、xbさん、シェイブテイルさん、門前仮面んです。

  • *主張のバランスをとって3名挙げています。他にも沢山紹介したい方はおります。紹介順は50音順です。

財源チラシの内容がある程度でも分かった方は、ご自身のお考えに近い方を探しに行ってもらえるといいなと思います!!

国債乱発派のMMT解説<xb>

シェイブテイル日記2

門前小僧、習わぬ今日を読む

 

まとめ

  • +α)翻訳者
  • 学術者、表現者、政治者の取り組みを忠実に転写し、別の形でも伝えられるようにする
  • 例として、翻訳家、記者、出版社、行政官など

 

  • 複数の役割や中間的な役割をこなしている個人・団体も存在します。
  • それぞれの立場の個人・団体がどのような目的や制約のもと、それぞれの取り組みをしているかの相互理解のために書いていますm(_ _)m

 

相互理解のため、学術者に近い方にお願いしたいこと

見出してくれた事実を理解し、表現や行動に反映するには 時間がかかります。

根気強く情報発信してくれることを希望しますm(_ _)m

 

事実の反映には予想以上のタイムラグがあります。

学術者→・・・→・・・・→表現者→・・・→・・・→政治者

 

相互理解のため、政治者に近い方にお願いしたいこと

政党内/団体内で固まらず、学術者に近い方の意見も聞けるような体制作りを考えて頂けると有難いです。

指摘を受けたら素直に話を聞いてみるのもありかもしれないです。すぐには変えられない場合はそう言うのもいいのかと考えますm(_ _)m

 

 

 

それと、罵倒などの相手を怒らす表現は 話す相手が誰であれ、話を聞く気を失います。
世の中、変えるために できる限り自省をお願いしたいです。

以上です。失礼しました。

 

お勧めリンク集

 

政治経済のチラシのポスティングでの3つの効果

本記事では、(国の、本当の)財源チラシ含む、全ての政治経済のチラシを各郵便ポストにポスティングすることにより得られる効果について記載します。

  • 民主政治下で、いい世の中にしていくためのリアルでの政治活動には、他に、街頭宣伝やポスター掲示のお願い回り等があります。他にも素晴らしい活動がある中で、チラシのポスティングの特色や魅力についてもご紹介できたらと思います。

 

効果1. 今まで伝えることの出来なかった人たちに届けられる

現在、政治経済に詳しくなっている方は、主にインターネットを通して情報を得ていると思います。

一方で、今でも既存のメディアであるテレビや新聞から情報を得ている人たちには、届けられていない情報が沢山あります。
加えて、インターネットから情報を得ていても、政治経済の話題を避けて情報を得ている人たちも少なくありません。

ポスティングでは、そのように普段、政治経済の話題に触れることが少ない人たちの目に触れることが可能です。

 

効果2. あとで気づいたときの裏付けの一つに

チラシで書くことができる文章は限られており、そのチラシだけで完璧に伝えることは、実際の話、なかなか難しいです。

出来る限り伝えるようにしていく努力は惜しむべきではありませんが、
完璧さを求めたら、いつまで経ってもポスティングをはじめることは出来ません。

こう考えてみるといいと思います。

“チラシを目にしたときに、チラシの内容が分からなく、例え見た時点は反発したとしても、
いつかそのひとにもっと合った訴えを目にし気づいてくれるときに、以前に見たチラシが裏付けの一つになる!”、と

 

様々な政治経済の活動をしている私たちは、別々に取り組みを実施しているようで、実は全て繋がっています。

ポスティングで伝えきれないところで無理する必要はありません。
大船に乗ったつもりで、敬意を持って、他の政治活動をされている方々にお任せしてしまいましょう!

地道なポスティングで、気づくきっかけの芽を蒔いていきましょう。

 

効果3. 政治に関わっているひとほどある意味、敏感で効果大

チラシのポスティングをすると、その地域の政治家や政治団体はチラシが撒かれた情報を耳にすることになります。

日本人は、空気を読むことには敏感と言われますが、一票を左右される政治家にとっては、その地域の世論というものに敏感にならざるを得ません。

ポスティングをすることにより、世の中の流れを知ることになり、
本当のことを知っていても世論を気にして日和見をしている政治家や政治団体の行動を変える原動力になります。

反発している政治家や政治団体もチラシでの世論を恐れ、説明の仕方を修正してくれるかもしれません。

あなたの力で、政治を動かすことができるのです。

 

そして… 何より自分自身の心身にプラス

おまけのポスティングの効果です。

自分がいい世の中にしていっている、役だっているという想いは、あなたの精神にいい影響をあたえます。物事に対するやる気や熱意の源にもなります。

特に、リアルで、時には渡すひとと触れ合いながらできるポスティングでは、前向きな気分になれます。

加えて、たくさん歩くことが必要となるポスティングでは、いい運動にもなります。

チラシのポスティングでは、何よりもあなた自身の心身にプラスとなります。

 

効果1. 今まで伝えることの出来なかった人たちに届けられる
効果2. あとで気づいたときの裏付けの一つに
効果3. 政治に関わっているひとほどある意味、敏感で効果大
そして.. 何より自分自身の心身にプラス

 

財源研究室でも、チラシを作成&提供していますが、どんなチラシでも構いません。自作でも大丈夫。

あなたも、チラシのポスティングに挑戦してみませんか?

 

財源チラシに似た趣旨のチラシ紹介

 

財源研究室サイトにて配送申し込み/ダウンロードが可能なチラシ・ポスター情報

 

学校やDM会社へ送る『封筒になるチラシ』

チラシの学校への配布の提案を受けて、専用の【封筒になるチラシ】を作成してくれました。
以下のリンクのpdfファイルをDLして各自でご活用頂けたら幸いです。

 

社会科ご担当教員各位

引換券用 社会科ご担当

DM発送ご担当各位

引換券用 DM発送ご担当各位

 

 

 

葉書で声を届けよう!葉書になるチラシ

 

財源チラシと一緒に使うチラシの紹介

(国の、本当の)財源チラシを活用して下さっている方々から、財源チラシと一緒に使うチラシのデータを頂いておりますm(_ _)m

必要に応じ財源チラシと合わせて活用頂けたら嬉しいです!

(作成者の名前順)

財源チラシに付属するチラシ<作成者:けんろく様>

作成者:けんろく

 

 

葉書で声を届けよう!葉書になるチラシ

葉書で声を届けよう!葉書になるチラシ

 

「税金は財源でないということは」チラシ

作成者:関(@HikaruSeki3)

 

税金は財源ではないということは-2022.05

 

「税金は財源でないということは」チラシ

 

チラシの情報も募集中です。

財源チラシに似た趣旨のチラシ紹介

財源チラシに付属するチラシ<作成者:けんろく様>

財源チラシをご活用頂いているけんろく(@ken_roku)様より、付属の説明のチラシデータを頂きましたので掲載します。

 

zaigenchirashi_huzoku_kenroku

掲載するチラシを自分名前する等のアレンジして使いたい方はチラシ掲載のメアドに連絡をお願いします。

 

 

れいわ新選組向けのアレンジチラシ

アレンジチラシのうち、れいわ新選組 一般向けに作成したチラシを掲載します。

掲載のチラシは個別に印刷会社へ発注できるようにpdfファイルもつけますので、活用頂けたら幸いです。

 

財源チラシ第8版アレンジ

印刷用pdfファイル(外面) (中面) 個別発注マニュアル

 

財源チラシ第6版アレンジ

印刷用pdfファイル(外面) (中面) 個別発注マニュアル

 

印刷用pdfファイル(外面)

 

 

 

過去のアレンジチラシ_2020.09~

財源チラシのアレンジについて

 

「税金は財源でないということは」チラシ

財源チラシを活用し、アンケートページを作成してくれている関(@HikaruSeki3)様の自作チラシを掲載します。

税金は財源ではないということは-2022.05

 

アレンジ用Word

 

印刷用PDFファイル

チラシをアレンジしデザインしてくれる方も募集中です!!

アレンジ用Wordファイル