チラシ案) お金を奪い合う必要はない

チラシ案です。記事に対してのコメントも可能になっています。
チラシ化のために賛同者募集中です。
提案者:goldmokusei

 

多くの国民が誤解しているのがパイの奪い合いの例え(誰かが取り分を多くすれば、他の人の取り分が減る)をお金に対しても同じだと直感的に思い込んでいること(誰かが利益(お金)を得ると、誰かがその分損をするという思い込み)

 

この思い込みがルサンチマンを引き起こし、緊縮の台頭と国民の分断を生んでいます。

お金はパイと違って簡単に増やすことができます。三橋氏がいうお金のプール論を信じている人が認識を変えないといけません。

そのために、パイとお金は違うことを図で視覚的に分かりやすく、次のような表現で説明できればいいなと思います。

 

タイトル「お金を奪い合う必要はない」

 

「パイとお金の違い」

パイ=物 お金=情報

商品貨幣論と信用貨幣論の違い

パイは食べたら無くなるが
お金は使ってもなくならない(誰かの支出は誰かの所得)

 

パイは材料を入手し焼かないと増やせない
お金はキーボードを叩くだけで無限に増やせる(キーストロークマネー)

 

パイは焼けないと奪い合いになるが
お金は奪い合う心配をしなくてもよい

 

→政府自体が国民全員分のパイを焼くことは難しいが、政府が国民全員にお金を発行して渡すことは簡単なこと 例:給付金10万円

 

問題:自治体や企業や国民のお金が不足し、必要なことに使えなくなった

誤解:足りないお金は支出削減かどこかから借りるか奪ってこないといけない

自治体(支出削減か税金で奪うか地方債発行)企業(人件費等の支出削減か借金する)個人(消費を減らすか借金する)

→その誤解をもとに行動しているため日本はデフレが続き、経済成長していない

 

解決策:政府がお金を発行して自治体や企業や国民に渡し、使えるようにする

 

 

他のチラシ案を見たい場合はこちら

チラシ案) PB健全化が如何に経済を壊すか

チラシ案です。記事に対してのコメントも可能になっています。
チラシ化のために賛同者募集中です。
この例え話は間違ってるか、当を得た例え話なのか、知りたい、とのことです。
提案者:小野田 英

 

ふと今日のTL眺めていて、PB健全化が如何に経済を壊すかって話を具体的に表すなら、このツイートの最初の画像を書き込むことで一目瞭然になる気がするのですが、チラシに取り込み可能でしょうか。

 

あなた(国民)が100円持っていて、私(国)が100円あなたに歳出して私が102円あなたから税金を取る(PB黒字化)として、これを50回続けたらどうなりますか?っていう単純な理屈だよね。税収102円どころか110円税金取られたら10回目にどうなるかとか。

 

漫画をどうPB健全化にするかというのは、その記事のリプライにも書いたのですが、「あなた(国民)」と「私(国)」という2者の間で双方が100円ずつ持っていて、「私が100円あなたに歳出して102円あなたから税収で回収することを50回続けたらあなたの所持金はどうなりますか?」「それで毎回私が得た2円を日銀への返済に使ったら世の中のお金の総額はどうなりますか?」ってのが一般国民に分かり易くなる(あなたが持ち金ゼロになる、日銀に返済して世の中のお金の総額が100円消える)ってことです。そこを理解して貰って、それを回避して適切に世の中にお金を供給するには日銀から国債という形で私(国)が2円以上調達して市場に102円以上歳出する仕組みにする必要があり、結果としてPBは赤字にならざるを得ない。それがデフレを脱出してマイルドなインフレにする正しい政策であると持って行くことです。

 

お金はどこから生まれたか_No_1

 

他のチラシ案を見たい場合はこちら

 

財源研究室へ提案のあったチラシ案リスト

2020年に【国の、本当の】財源チラシを公開してから、沢山のチラシアイデアを頂いております。

案の一部は財源チラシの改良等に活用できていますが、取り入れられていないアイデアは多く残っている状況です。

案取り入れた他のチラシも作っていけたらいいのですが、力不足で出来ずに申し訳なく思っておりました。

 

そこで、財源研究室サイトの記事スペースをお貸しして、それぞれのアイデアからチラシ化への橋渡ししていく取り組みを始めました。

熱意ある方は以下のチラシ案を参考にシナリオ構成やイラスト作って頂けたら幸いです。

各記事には提案者の助力になるようにコメント欄もつけています。案を伸ばす意見やチラシ化の申し出に活用して頂けたらと思います。

  • コメント欄の個人情報登録は不要としています。提案者の助力にならない誹謗中傷は公開されません。

チラシ案も募集しています。伝えるための答えは一つではありません。

みんなの力で世の中よくしていきましょう!

 

  • チラシ案リスト
  • (50音順)

一問一答推しのカオナシ

提案者:関町(せきまち)のカオナシ

 

お金を奪い合う必要はない

提案者:goldmokusei

 

魚田式 マクロ会計のバランスシート 

 

国債発行が増えれば増えるほど、財政は均衡に向かう

 

『市場にお金が供給されてはいけない』なら一人当たりの収入が削られますよ

 

PB健全化が如何に経済を壊すか

 

フレーズだけで伝わる解説とデータの拡散

 

チラシ案リストの最初に戻る

チラシ案) フレーズだけで伝わる解説とデータの拡散

チラシ案です。記事に対してのコメントも可能になっています。
チラシ化のために賛同者募集中です。
提案者:林山火風

 

財政破綻はしないという認識は増えてきております。

 

但し、政府の借金は悪であるという認識が7割もあるようです。

政府の借金=民間のお金なので善ということを口コミ可能なキラーフレーズとデータで伝えていく必要があります。

財務省がメディアを使ったプロパガンダに、情報のゲリラ戦で抵抗するには、真実と口コミのしやすさが必須だからです。

 

難しい解説は口コミも難しいのです。

政府赤字=民間黒字 ※日銀公認

政府借金ゼロ=民間お金消滅

政府借金増加=民間お金同額増加 ※つまり善

1970年から政府借金166倍で財政破綻していない

インフレ率2~4%が経済に最適で、インフレ率2%まで参議院試算で145兆円の国債増加が可能

コロナで日本は国債を57兆円刷ってもデフレのまま、米国は600兆円以上の財政拡大ですぐに景気回復

インフレ率が許す限りの財政拡大が経済成長に効果的

池田勇人の所得倍増計画では20年間で政府予算19倍、公共投資と福祉と減税で財政拡大した

中国は20年間毎年2割財政拡大で16倍経済成長インフレ率2%

 

国債を税金で返済している国は世界にない

財政拡大するほど財政健全化

上記のようなフレーズだけで伝わる解説とデータが拡散されていくことが重要だと思います。

本当は、れいわがHPに解説動画やデ-タをまとめ、ポスターや街宣車で簡単なフレーズを連呼し、HPに誘導するのが最も効果的だと思っています。

結局のところ、財源論が広まらなければ無責任な大風呂敷だと思われるし、プロパガンダの逆風で財源論を広めるには、誰もが口コミできる簡単なフレーズでまとまっていないと広げるのが難しいと考えています。

分かりやすいビラをイメージして作ってみました。

データも添付するのであれば、政府借金と民間資産が1970年から増え続けていて、国債金利が低下しているグラフに、政府借金166倍=民間資産も166倍という記述を書いてつけるといいかもしれません。

 

  • 関連記事

日本の現状がよく分かるグラフとリンク先

 

他のチラシ案を見たい場合はこちら

チラシ案) 一問一答推しのカオナシ

チラシ案です。記事に対してのコメントも可能になっています。
チラシ化のために賛同者募集中です。
提案者:関町(せきまち)のカオナシ
元の提案はこちら

 

日本第一党のような一問一答形式が、無関心な方もサクサクと読みやすく効果的と思います。これを無党派な立場でポスティングできたら最高かなと。

但しチラシにある「法人税が減税され、消費税はその穴埋め」云々は、貨幣のプール論に繋がる為注意が必要かと。

日本第一党のものを配れたらそれがいいのですが、やはり党派性が無い方が偏見なく頭に入りやすいんじゃないかと思い、こちらにご意見した次第です。

一問一答に関しては、第一党もですが、れいわ新選組さんの「日本は財政破綻しますか→しません」などのように、

ぱっと見ただけで結論が一発でわかるよう、表紙や各項目の一文目に問いと結論をセットで配置したらいいかなと思いました。そうすれば興味がない人でもとりあえず頭には残るかなと。もちろん従来通り具体的な説明もあったほうが良いと思います。

 

他のチラシ案を見たい場合はこちら

チラシ案) 『市場にお金が供給されてはいけない』なら一人当たりの収入が削られますよ

チラシ案です。記事に対してのコメントも可能になっています。
チラシ化のために賛同者募集中です。
この例え話は間違ってるか、当を得た例え話なのか、知りたい、とのことです。
提案者:小野田 英

 

「『市場にお金が供給されてはいけない』って仮定が正しいなら一人当たりの収入が削られますよ」って例え話

①市場に40万円あって、稼ぎ手が2人いる、それを初期状態とする。

②稼ぎ手が橋を1人が一つづつ計2つ作り、それぞれ市場から20万円ずつ報酬を得る。

③稼ぎ手2人はその報酬で市場から生活必需品を全額購入し、市場に40万円が戻る。

④そこにもう1人稼ぎ手が現れ、1人1つずつ、計3つ橋を作り、「報酬を払え」と求めた時、もし市場に40万円しか存在しないのならば、1人当たりの報酬は13万円しか得られなくなります。先月までと同じ仕事したのに、「市場に金が無いのだから減って当然」と言われて納得できますか?

⑤もしこの時、日銀から20万円、市場に「通貨発行」がおこなわれれば3人の稼ぎ手に20万円ずつの報酬を支払うことができます。これを実際にやってきたのが「国債発行」です。 という流れの話です。

 

他のチラシ案を見たい場合はこちら

 

チラシ案) 国債発行が増えれば増えるほど、財政は均衡に向かう

チラシ案です。記事に対してのコメントも可能になっています。
チラシ化のために賛同者募集中です。
提案者:Gokai/ななみのゆう
元の提案:       8

 

①国債発行の上限はインフレ率が教えるという理屈では、国民が納得しなかったのでは?

②本当の財源は、【日本の技術・設備・資源、働き生活する私たち】です。・・では、国民がわかりづらかったのでは?

③「お金の使い方が悪い」という維新の説明の方が現実的な説得力があったのではありませんか?

 

ご主張の中に、

①国債発行が増えれば増えるほど、財政は均衡に向かうを入れてください。

②国債発行の上限をインフレ制約でなく、国際収支の経常収支黒字が上限!に変えて下さい。

③労働者対象の所得補填制度を採用してください。 ・勿論、適正な分配と再分配は欠かせません。

 

維新の議席が伸びた理由が、無駄なお金の使い方を変えないといけないという極めて常識的な発想が大勢の人々の心を捕まえたからではないでしょうか。

しかし維新の考え方では日本国も日本の企業もじり貧で国民は貧乏になる一方です。

れいわ新選組の考え方はいいのですが、もっと説得力が必要です。

 

・国民にとって、家計預金を含めた国内通貨の供給が労働によってなされていると勘違いされていると思うのですが、まずは最初にこの思い込みをなくすための努力が必要と思います、が、如何思われますか?

多くの国民は、労働によって財の生産も通貨の供給もなされていると勘違いしていて、信用創造機能は邪道だと思い込んでいると思うのです。
信用創造などのようなうまい話はない、お金は労働で稼ぎ創るものだとの思い込みです。

 

★財政均衡式
財政余裕増加額=政府債務増加額×(徴税率-政策金利率)
;徴税率とは、現行の徴税方法で国民の持つ金融資産総額に対してなされている比率。国債発行が増えれば増えるほど財政は均衡に向う。

政府財政の健全化には
歳入=税収=歳出の財政均衡、でさえあればよく、政府借金を減らす必要はありません。

  • <政府財政の健全化には 歳入=税収=歳出の財政均衡、でさえあればよく、> 極論、PB黒字化目標を掲げていても、 PB黒字化目標を掲げるならば尚更、国債発行を増やさなければならない という主張なのでしょうか?

・そういう言い方をしたことありませんが、それも言えますよね。

・ただ、PB均衡と財政均衡は違うものです。

・政府歳出=PB+政府債務金利、だからです。

だから、財政均衡を希求するのであれば、尚更国債発行を増やさなければならないということで、
財政均衡とPB均衡の言葉の違いだけでしたね。

 

もっと詳しくは→ https://ameblo.jp/nanaminoyuu/entry-12619354329.html

 

他のチラシ案を見たい場合はこちら

チラシ案) 魚田式 マクロ会計のバランスシート

チラシ案です。記事に対してのコメントも可能になっています。
チラシ化のために賛同者募集中です。
提案者:魚田阿萬
元の提案はこちら

 

#借金は資産

#貨幣は資産

#資産ゼロから資産を貸すとその記録がストックとしても負債に計上される

#預金とは預証と呼ぶべきもので預けてるオカネではない

#MMT#現代貨幣理論

マクロ会計のバランスシート (マクロ経済のバランスシート)

* 民銀(民間銀行)保有の #中預(中央銀行当座預証)は、準備預証。

国民保有の #中預 は、現金。

政府保有の #中預 は、政府預証。

画像

 

なぜ国債発行を「借金」と呼ぶのか(呼んでしまうのか)。

それは、日銀当座預金を「借りる」からです(国債自体は、貸すオカネです)。

しかし、統合政府で見ると、日銀当座預金という負債が国債という負債に両替えされてるだけなんです。

 

画像

あと、預金というオカネは、預けてるオカネじゃありません。

正確には「預かり証」と呼ぶべきものです。

現金というオカネ(金のネックレス)を預けた時に受け取る、銀行(ゴールドスミス)の「預かり証(金匠手形)」です。

日銀当座預金というのも、日銀に預けてるオカネじゃありません。

日銀から受け取って、受け取った側が保有してるオカネです。

そう考えると、国民も日銀当座預金(日銀の発行券)を保有してることになります。

名前が「現金(日本銀行券)」に変わってるだけです。

政府預金は、統合政府(政府と日銀を連結)だと、相殺消去される。

画像

 

右上の緑色 と 左下の緑色 を比べちゃうのが #家計簿脳

本来は、茶色枠 と 赤枠 を比べて、その(仕訳時の)見合いの資産(負債)の有無を見て、性格が違う、と論じる代物。

どちらも、国民が借り手。

画像

 

■ マクロ会計のバランスシート ■
■(マクロ経済のバランスシート)■
■(国家全体のバランスシート)■

全部門が書かれてるんだから,単式簿記でも良いんだよね,実は.

単式簿記が資産(借り方)だけを書く理由が,この図から分かる.

どこの負債なのかは,オカネの種類で分かるから不要.

負債ってのは,ある意味で概念でしかない.

誰かが自分が発行したオカネを持ってる状態を負債と呼んでるだけ.

画像

 

(補足

バランスシートを書いた目的

国債発行とはどういうものか。

国債償還(国債回収)とはどういうものか。

徴税とはどういうものか。 住宅ローンとはどういうものか。

国家の信用創造とはどういうものか。 統合政府の負債とはどういうものか。

* そういったものを、視覚的に把握するのが目的ですね。

 

他のチラシ案を見たい場合はこちら